サンプル日記

sampleb.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧


2008年 07月 29日

稽古十四日目

地味だけど少しずつ進んでいく時期。
この時期が一番稽古っぽいかも。
俳優が色々見せてくれるので飽きない。
演出はそのサポート役のようなもの。

いや、ゆるいことをやっているわけではなく、
むしろ結構細かいことを言っている。
その縛りに悶える俳優にいつの間にか僕が同化している状態。

これ、何だろう。
僕はあまり自分でやって見せたりしない。
(適当さがばれるので、というか、真似されても面白くない)
でも演技している俳優を観てるとその動きや表情に自分を合わせてたりする。
その人が今感じていることを感じたくなる。
それでよく変な顔になっている自分に気付く。

今、完全に昼夜が逆転した生活を送っている。
昼の暑さに耐えられないから。

『コロッサル・ユース』を「神話」と言っていた
舞台美術のIさんの見方はとてもヒントになる。
食べる姿、立ち姿、構図が頭から離れない。
[PR]

by shu-mats | 2008-07-29 04:43
2008年 07月 27日

稽古十三日目

今日は稽古場にチェルフィッチュの山崎ルキノさんが来てくれた。
『カロリーの消費』に出演していただいたのはもう一年前のことだ。
告白するように出演のお願いをしたのが今思い出しても恥ずかしい。

稽古場に緊張感がうまれて今日の稽古はなんだかとても良かった。

昨日観た『コロッサル・ユース』が気になってしょうがないが
まだ言葉にならない。
[PR]

by shu-mats | 2008-07-27 04:58
2008年 07月 22日

稽古十日目

実は稽古何日目か忘れてしまった。
多分、十日目。

稽古は順調。
台本も進んでいる。
しかし、あるシーンをどう結びつけるかまだ見えてこない。
全体に関わってるから。
全体に関わってるシーンで下手に台詞を作ると
やらしいメタ、ベタメタシーンになってしまうので
難しい。

何とかしよう。

小説も結構順調。

暑いので外を歩きたくない。
[PR]

by shu-mats | 2008-07-22 00:24
2008年 07月 17日

告知:「ハナノミチ」ポストパフォーマンストーク

ヤン・アレグレというフランス人の演出家と
トークをします。

いや、これ実はかなり期待している作品です。
ヤン・アレグレには昔、土俵の写真集を見せられたことがあって
感想に困ったことがあります。
ただうなずいて返したのだけど、とても満足げでした。
相当な日本好き、いや相撲好きなのです。

そんな人物と青年団の俳優がどのような作業をしたのか、楽しみです。

青年団国際演劇交流プロジェクト2008
Hananomichi Project
『ハナノミチ』
通過儀礼的な旅、愛の台詞、空虚に面した闘いの台詞、生きているということの
再発見への恩寵。
「ハナノミチ」とは、人と現実との調停をたどっていく道である。

YanALLEGRET

作・演出:ヤン・アレグレ
翻訳:藤井慎太郎
映像・美術:ジュディス・ボーディネット
出演:安倍健太郎、川隅奈保子、工藤倫子、熊谷祐子、多田淳之介(東京デスロ
ック)、鄭亜美、 兵藤公美

7/17(木)19:30☆
18(金)19:30
19(土)19:30☆
20(日)18:00※託児あり
21(月・祝)18:00
22(火)19:30 
☆☆終演後アフタートーク決定!!☆☆☆☆☆☆
17日(木)19:30の回ヤン・アレグレ×多田淳之介(東京デスロック)
19日(土)19:30の回ヤン・アレグレ×多田淳之介(東京デスロック)×ゲスト:松井周(サンプル)

■受付開始は開演の40分前・開場は開演の20分前
■会場:こまばアゴラ劇場 〒153-0041東京都目黒区駒場1-11-13
■チケット:予約・当日共に¥3,000 
※青年団HPにてオンライン予約、青年団03-3469-907にて電話予約受付中!

■託児サービスのご案内
7月20日(日)18:00の回に予約制の託児サービスをご用意しております。
託児実施日3日前の水曜日までにご予約を承っておりますが、定員になり次第締
め切らせていただきます。料金=0~1歳児2,000円、2歳以上1,000円
託児についてのご予約・お問い合わせ=イベント託児・マザーズ:0120-788-222
(土・日・祝日を除く10:00~12:00/13:00~17:00)

■ヤン・アレグレプロフィール 
ヤン・アレグレ(フランス)
劇作家・演出家。(&)So weiter company主宰。
2006年にAFAA(現フランス政府キュルチュールフランス)の助成を得て、戯曲創作の為
関西日仏交流会館ヴィラ九条山に5ヶ月間滞在。日本の武術に関心を持ち 、自身も実践者として
10年の経験を持つことから、相撲や武道などの伝統性、総合格闘技の現代性においても、日本文化
では闘いはまず第一に一つの【道】だと考えられているということを基に着想を得、『ハナノミチ』
を執筆。同年の9月に青年団員9名と10日間のワークショップを行い、その後関西日仏学館にて
ソロパフォーマンス『Hajime no hanamichi』(出演:兵藤公美)を発表。
http://www.soweiter.net/


詳細はhttp://www.seinendan.orgをご覧下さい。
皆様のご来場をお待ちしております。


■お問合せ
青年団 03-3469-9107(担当兵藤・川隅) 
[PR]

by shu-mats | 2008-07-17 10:58
2008年 07月 17日

稽古八日目

稽古は順調。
外は暑くても稽古場は地下なので
涼しい。
[PR]

by shu-mats | 2008-07-17 10:44
2008年 07月 15日

稽古七日目

今日は見学の人も来て
稽古後楽しく飲んだ。

とても気さくな方達だった。
また是非見学に来て欲しい。

実験をするには
仮説をしっかり立てないとならない。
そして仮説があっけなく崩れても動揺しない気でいないと。

ここに手をつけだしたら
無限に手をつけないとならないような気がする場面があるとしたら
そこに手をつけるべきなのか。
手をつけたら意外とすんなり収まることもあるかもしれない。
まだ引き返せるけれど、どうしよう。

とか頭の中でいくら考えてもしょうがないので
稽古場で淘汰される・生き残るためにも全部やるしかない、のか?
[PR]

by shu-mats | 2008-07-15 02:06
2008年 07月 12日

稽古六日目

色々ヒントをもらいたくて
話し合いというかエチュードのようなことをする。
何をやっても面白いメンバーだなあ。

とにかく、台本を仕上げなくては。
皮膚感覚の異物感というか
普段流してしまうようなディスコミュニケーションを
肥大化させていくことで
「空虚」という言葉の「空」の部分を楽天的に提示したい。
「闇」とかじゃなくて「空」。
色にすると「白」。

インタビューを受けたりしたので、
改めて自分の方向を考えてみた。
[PR]

by shu-mats | 2008-07-12 23:44
2008年 07月 11日

稽古五日目

昨日のこと。

稽古は楽しい。
それ以外の時間はあんまり覚えてない。

近所のドンキホーテで
エネループ乾電池を買おうと思ってやめる。
使い道を考えてないから。
単三電池とかあまり使わないからなあ。

歯ブラシを買った。
[PR]

by shu-mats | 2008-07-11 01:44
2008年 07月 09日

稽古四日目

新しいところの仮読み合わせと
台本の初めから軽い立ち稽古。

全く問題なし。
するする進む。

色々試したいことをやらせてもらった。
あまり内容と関係ないようなことばかり。
伝言ゲームのようなこととか。

まだ遠いかもしれないけど
どこかでつながるかもしれないと思っている。

終わって稽古場で軽く飲む。
ほろ酔い。
楽しかった。

そうそう、『家族の肖像の肖像』に古舘さんのインタビューが載り始めます。
結構長い間一緒にやって来ているのにいまだにつかめない、濃い魅力が詰まった人で
す。是非読んでみて下さい。
[PR]

by shu-mats | 2008-07-09 01:44
2008年 07月 08日

ぼんやり

ぼんやりする時間があまりない。
何かしら考えながら過ごしている。
きっとその時はぼんやりしてるように
周りからは見られているのかも。

何を考えるって、それは戯曲。
まとまらない話をまとまらないままいかにまとめるか。
大きく想像すると途方に暮れるけど、
一文字ずつ追っていくと、ヒントがあるような気がする。
ひらめきはあまり信じないけど、
3時間にいっぺんぐらいはある。

それも後に大したひらめきじゃないとわかる。
でもその大したひらめきじゃないものを積み重ねると
少しは進んだ気になる。
一日に二個あれば上出来だ。

と慰めて寝る。
[PR]

by shu-mats | 2008-07-08 03:24