サンプル日記

sampleb.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2009年 02月 28日

『火の顔』本番まで一週間切った

この作品のユーモアについて考えたり、
フェチシズム、ナルシズム、外部とか考える。
まだまだ膨らむ余地ありだなあ。

雪が降った。
稽古は苦しかったり、楽しかったり。
焦らずにじょじょに。
と、いきたいのに焦ってまとめて突っ込みすぎたりする。
反省する。

でももちろん目指す点は高く。
[PR]

by shu-mats | 2009-02-28 06:08
2009年 02月 16日

『火の顔』初通しと44マクベス

昨日は初通しだった。
かなり早い段階で一回通したことになる。
いい感触。
観ていて飽きない。
まだまだ詰めるところばかりなのだけれど
俳優の伸びしろがよく見えるので不安はない。

告知です!

中野成樹+フランケンズ
『44マクベス』
のポスト・パフォーマンス・トークに出ます。
21日(土)18:00 の回の終演後です。
詳しくはこちら

中野さんは『伝記』の時に同じくポスト・パフォーマンス・トークで
ゲストにお呼びしたのですがもっと喋りたかったのでとても楽しみです。

是非観に来て下さい。

2月に入って今まで話したことのなかった人と
話すことが出来た。
すごく刺激になった。
[PR]

by shu-mats | 2009-02-16 14:50
2009年 02月 03日

『火の顔』稽古開始と告知

次の演出作品『火の顔』の稽古が始まっている。
5人しか出ないのだが、その俳優たちのバランスが絶妙だと自分でも思う。
ハイバイの岩井君や大崎さん(元金杉アソシエーツ)、猪俣さん(元金杉アソシエーツ、ハイバイ、デスロックに客演も)、野津さん(『家族の肖像』出演)、菅原君(『もう風も吹かない』出演、田上パルに客演)たちが話しているのを眺めているだけで結構面白い。
何かバラバラで。それがいい。

舞台セット案もほぼ決まり、楽しくなってきた。

そうそう、2月5日にアゴラ劇場のサミットワークショップの
トークゲストに出演します。

サンプルのチラシというか
青年団若手自主企画の時からお世話になっているデザイナー京さんのワークショップで、
やはりサンプルのチラシ写真でいつもお世話になっているmomoko japanさんと
どのように私たちは一枚のチラシを作るのか?
というような話をします。

僕自身も人前で話したことがない話題なので
楽しみ。
チラシがサンプルの世界の一部となっていたりもするから。
興味がある方はぜひどうぞ

宣伝美術トーク
『デザインワークのミクロとマクロ』

5年に渡り好評を博した「制作者のための宣伝美術ワークショップ」を経て、もう一度制作の場に帰り、宣伝美術の生の現場を紹介します。
デザイナーの職人的視点でデザインの基本素材である「紙」、「印刷」、「文字」についてじっくりと語るミクロの部、実際の制作現場からゲストをお招きし、宣伝美術アートワークのプロダクションを紹介するマクロの部の2部構成でお送りします。
●講師

京(グラフィックデザイナー)

第1回 1月29日(木) 18:00〜21:00

「紙」
紙商社勤務経験を持ち、自他ともに認める紙フェチの京が、紙の魅力・奥深さを語ります。
「こまばアゴラ劇場 国際演劇月間-キスは何回?-の現場」 
ゲスト:多田淳之介(東京デスロック)、木元太郎(こまばアゴラ劇場・青年団 制作)

第2回 2月5日(木) 18:00〜21:00

「色、印刷」
印刷を知り、色を駆使することがデザインの可能性を広げます。
「サンプルの現場」 
ゲスト:松井周(サンプル)、momoko japan(フォトグラファー)

第3回 2月12日(木) 18:00〜21:00(*)

「書体、文字組」
ゲスト:太田創((株)01Ga Graphics 代表 / 下北沢映画祭運営委員会 代表)

「こまばアゴラ劇場 年間プログラム/支援会員募集リーフレットの現場」
ゲスト:野村政之(こまばアゴラ劇場・青年団 制作)


*=2月12日の回終了後、同会場にて懇親会を行います(参加費別途)。

●対象:どなたでもご参加いただけます。

●定員:各回20名

●会場:こまばアゴラ劇場 5階稽古場

●料金:通し参加¥4,000 各回の参加¥1,500 
    劇場法人会員・グループ会員特典対象→チケット引換券1枚

●主催:(有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場

【お問い合わせ・お申し込み】
こまばアゴラ劇場 03-3467-2743 summit_ws08w@komaba-agora.com
[PR]

by shu-mats | 2009-02-03 23:51