サンプル日記

sampleb.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2009年 10月 17日

稽古14、15日目、内閣官房参与

俳優が『あの人の世界』の世界に馴染んできた気がする。
というか、何か整合性を放棄しているのかもしれないし、
もしくは近くにあるモノを使って取りあえずの整合性を確保しているのかも。
例えば、小道具や人の距離に馴染むことで。

オリザさんがいつの間にか
内閣官房参与に。
それがいまだにどんな関わり方なのかよくわからないが
文化行政が根本的に変わるチャンスかもしれない。

とはいえ、今は自分の作品をどうするかだ。
どこまでも面白くしたい。
ちびくろさんぼの虎が回っているうちにバターになるという話は
いつどのようにあの作者の頭の中に降ってきたのだろうか?

自分の子供が虎を見て「バターみたい!」とか言ったのかなあ。
そんな妄想ができる才能をねたむ。
[PR]

by shu-mats | 2009-10-17 22:28
2009年 10月 13日

稽古13日目、ペ・ドゥナ

舞台美術のアイディアが決まり、
稽古場でのイメージも膨らむ。
遊び尽くしたい空間ができそうで嬉しい。

ユリイカのペ・ドゥナ総特集に文章を書きました。
『リンダリンダリンダ』についてです。
すごく好きな映画です。
是非読んでみて下さい。
[PR]

by shu-mats | 2009-10-13 00:10
2009年 10月 11日

『わが星』、『て』

面白い芝居を二本はしごして観るのは
結構こたえる。
『わが星』は体験としか言いようがなく、
リズム刻むなあ、一緒に。
生々しくないのに生々しい体験。

『て』は傑作。
初演も観ているけれど
全く色褪せないし、緊迫感がある。
誰かが喧嘩を始めたときの周りの反応が最高に面白い。
雰囲気に飲まれそうになったり、抗ったり。

わー、ハードル上がる。

でも基本的には自分の出来ることを
するしかないので、地味に稽古に励むことになる。
[PR]

by shu-mats | 2009-10-11 10:12
2009年 10月 10日

せりふの時代、文學界、稽古12日目

せりふの時代秋号に
捩子ぴじんさんのダンスについて書きました。

文學界の11月号にも書きました。
シオドア・スタージョンの小説についてです。

是非読んでみて下さい。

稽古は順調。
いきなり台詞を変えた。
台本に深層があるわけではないのだけれど
生身の俳優がこのくらいのコミュニケーションをかわしたら
このくらいの反応はあるだろうという程度には変更した。

これから本格的にシーンをつなげていくところ。
[PR]

by shu-mats | 2009-10-10 12:18
2009年 10月 08日

ハイバイ「て」アフタートーク

絶賛公演中の
ハイバイ「て」の10日夜の回のアフタートークに
急遽出演します。

芝居が面白いことはわかりきっているので
安心してお邪魔する気分。

是非観に来て、トーク聴きに来て下さい!
[PR]

by shu-mats | 2009-10-08 23:42
2009年 10月 08日

稽古12日目

稽古は順調。
稽古見学はちょっと変なシーンだったので
淡々とした稽古ではなかったかも。
その後のレクチャーは淡々と。
しかし、北九州のオーディション疲れがまだ抜けていないことを感じた。

その後22時からスタッフミーティング。
舞台美術についてまた話す。
なかなか突破口が見つからない。
もう一回原点に戻ろうとして、原点って何だ?と思ったり。
結局土砂降りの中をタクシーに分乗して帰った。

とにかく、僕は次の日の稽古をやめてもう少し戯曲の世界を考えてみることにした。
台詞も整理するため。
で、やっぱり沈没船に集う魚たちのイメージが湧いてきた。
うーん、難しい。
[PR]

by shu-mats | 2009-10-08 23:37
2009年 10月 07日

北九州、稽古11日目、稽古見学

北九州の二次オーディションは
インタビュー形式でやったので
濃い内容で面白かった。
けれど、感情移入もしてぐったり。
俳優と北九州、バイト、演劇のつながりが
ぼんやりと見えた気もする。
まだ形にはならないが。

次の日の稽古は
まるで祭りのよう。
どこかの地方で行われている珍・祭り。
神聖な気持ちにもなったりした。

明日は公募の稽古見学。

明日は締め切りましたが
それ以降はまだ募集しているようです。
次は11日です。
詳細はここから
是非稽古場を覗いてみてください。
地味に稽古をしていると思いますので。
[PR]

by shu-mats | 2009-10-07 00:52
2009年 10月 04日

座談会、稽古10日目、北九州

『クリプトグラフ』の座談会は不思議なメンバーで行われ、楽しかったけど
もう少し『クリプトグラフ』について話せば良かったとも思った。
松田さんの書く言葉の力強さについてもっと話をしたかった。
気付くとぐわっと心臓を掴まれているような感覚に陥るような
言葉の喚起力。
キラーワードというか。
それを改めて感じた。
まだまだだなあ俺はと本当に恥ずかしくなる。

とは言っても次の日の稽古は
楽しくてしょうがなかった。
俳優に助けられる。
めまいがするほど濃いのか薄いのかわからない時間だった。

で、今はもう北九州のホテル。
今日と明日は北九州と東京で行う芝居『ハコブネ』のオーディション。
これも楽しくて時間を忘れた。
明日もあって、これは今までやったことのないオーデイションかも。
[PR]

by shu-mats | 2009-10-04 00:48
2009年 10月 01日

クリプトグラフ

朝から映像の仕事で今帰宅。
やろうとしてたこと全て明日というか今日に回す。

一つだけ。
マレビトの会『クリプトグラフ』が明日から始まります。
これは是非観て欲しい作品です。
僕は2007年に京都で観て、それからずっと何かを考えるときの参照にしているところがあります。
それほど刺激的だったのです。

以前ワンダーランドにも書いたのでそちらも読んでみて下さい。
(多少のネタバレはあるかもしれませんので気をつけて。)

後、明日は松田さんと杉原君と神里君と野村君と僕で
本番後座談会をします。
内容もかなり濃くなりそうです。

是非観に来て下さい!

作・演出:松田正隆
出演:牛尾千聖、F.ジャパン、武田暁、西山真来、枡谷雄一郎、宮本統史、山口春美

<東京公演>

会場:こまばアゴラ劇場
日時:10月1日(木) 19:00開演★
     2日(金) 19:30開演
     3日(土) 14:00開演☆/19:30開演
     4日(日) 15:00開演
     5日(月) 19:00開演☆
     6日(火) 19:30開演

料金:一般前売 3,000円 学生&25歳以下 2,000円 ※当日は500円増

★公演後、座談会を行います
[パネラー:松井周(劇作家・演出家・俳優/サンプル)、杉原邦生(演出家/KUNIOほか)、神里雄大(作家・演出家/岡崎藝術座)、野村政之(こまばアゴラ劇場・青年団 制作)、松田正隆(劇作家・演出家/マレビトの会)]

☆公演後、ポスト・パフォーマンス・トークを行います
[ゲスト:10/3 平田栄一朗(ドイツ演劇・批評家)、10/5 佐々木敦(批評家)]


<名古屋公演>

会場:七ツ寺共同スタジオ
日時:10月9日(金) 19:00開演☆
     10日(土) 19:00開演☆
     11日(日) 14:00開演

料金:一般前売 2,500円 学生&25歳以下 2,000円 ※当日は500円増

☆公演後、ポスト・パフォーマンス・トークを行います
[ゲスト:10/9 天野天街(劇作家・演出家/少年王者舘)・小堀純(編集者)、10/10 安住恭子(演劇批評家)]

=========


マレビトの会HP↓
http://www.marebito.org/news.html#cryptograph090801
演劇批評家の内野儀さん、森山直人さんの寄稿文が掲載されています。



主催:マレビトの会
助成:芸術文化振興基金、アサヒビール芸術文化財団、セゾン文化財団
   京都芸術センター制作支援事業
協力:魚灯、劇団衛星
[PR]

by shu-mats | 2009-10-01 02:55