サンプル日記

sampleb.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2011年 11月 05日

群像に小説書きました。演劇のことも考える。

群像12月号(11月7日発売)に『土産』という小説が載ります。
一年くらいかけて少しずつ書いていたのですが
最初とは全く違う話になりました。
これまで書いてきた話とも全然違うし。
突然変異というか、途中でがらっと変わってしまいました。

どんな感想を持たれるかわかりませんが
是非読んでみて欲しいと思います。

演劇について考えている。
というか、俳優について。
リアリズムでもそうじゃないものでも
とにかく、俳優が喋ったり動いたりするための資源を、
俳優がどこから持ってくるかはとても重要だと思う。

相手役の身体からでも観客からでも台詞でも音でも光でも小道具でも自分の記憶でもいいから
それらを動力源に変換してはじめて、
動けるし、台詞なども口にできるのではないかと思う。

たまに、そのような周りにある豊富な資源を全く使わずに、
シャットアウトして演技している人を見ると、
何と窮屈でもったいないことをしているのかと
残念な気持ちになる。
いくら器用にやってみせても貧しく見える。
資源が活用されてないので。

「もうどうにでもして!」と、自分で自分を舞台上に放り投げる勇気がある人は
まずは放り投げて、それから少しずつ足場を確認するように周囲との関係を作り出すのではないだろうか。
資源を発見しては次々に利用すれば自ずと道が開けていくような。
豊富な資源とあらかじめ決まった段取りをどんなふうにミックスさせられるか、
化学変化を起こせるかが勝負。
とにかく、まずは投げ出す勇気を持てるか持てないかが才能の分かれ目ではないかとすら感じる。

最近、芝居をたくさん観てて、いい俳優はたくさんいるんだなと再認識している。
[PR]

by shu-mats | 2011-11-05 23:26
2011年 11月 02日

『最後の炎』エイチエムピー・シアターカンパニー、最近のことなど

フェスティバル/トーキョーがあるからもちろんだけど、
たくさんの演劇・ダンス・パフォーマンスがあって、
スケジュールを決めるのが大変だ。

色々な作品を観ていて、新しい刺激を受けている。
刺激される部分は、視覚、聴覚、思考、性欲などバラバラだ。
それが本当に気持ちいい。
観られなかった(観られない)ものもたくさんあるので悔しいのだけれど、
今やってるもので言うなら、
岡崎藝術座『レッドと黒の膨張する半球体』とロロ『常夏』と青年団『ソウル市民1919』は
観た人と感想を喋り合いたい作品だ。
刺激される部分は全然違うんだけれど、どの作品も確固たる世界をつくりあげていて、
「思い出し喜怒哀楽+思考」が促される。

もう終わった作品では『Kと真夜中のほとりで』、『トータル・リビング』、『甘え子ちゃん太郎』(この作品の涅槃度の高さは最高)などもそう。

さて、告知です。
これも楽しみなのですが、
エイチエムピー・シアターカンパニーがデーア・ローアーの『最後の炎』
川崎市アートセンターで上演します。
そして、そのアフタートーク(11月3日17時の回。長島確さんと一緒です)に僕も出ます。

演出の笠井さんとはほぼ面識がないのですが
新しい刺激になることを楽しみにしてトークにのぞみます。
デーア・ローアーの戯曲の語り口は独特で、コロスのようでコロスじゃない台詞などがあったりするので
笠井さんがどう演出されたのかも気になります。

是非観に来てください。
[PR]

by shu-mats | 2011-11-02 00:05